Mai Nakahira/STUDIO M.O.G.

What's New

最新情報
最新情報はFacebook に掲載してあります。NEW
最新コンテツ
最新コンテンツはnoteに掲載してあります。NEW

Works

なかひら まい の作品とプロフィール

なかひら まい:作家・イラストレーター。ユング心理学研究会理事。セツ・モードセミナー卒業後、雑誌を中心にイラストレーターとして活躍。2005年12月『スプーと死者の森のおばあちゃんスプーの日記~』で作家デビュー。2007年06月『スプーの日記2暗闇のモンスター』、2008年01月『スプーの日記3地下鉄の精霊』を発表。2010年12月には『名草戸畔(なぐさとべ)古代紀国の女王伝説』を発表。2013年5月5日には、講演会『なかひら まい・小野田寛郎 名草戸畔を語る』(テレビ和歌山・和歌山放送主催)を開催。2013年11月、毎日新聞(大阪版)にて挿絵つき童話『貝がらの森』を連載。代官山アートラッシュ、早稲田ドラードギャラリーなどで、定期的に絵画作品を発表。2011年より、不思議な小さな絵本の制作をはじめる。好評につき、東京では「アートラッシュ」(企画展参加の期間のみ)「ドラードギャラリー」「ぎゃるりでんぐり」などで販売中。創作/伝承研究/絵画を通して目に見えない精霊の世界を探求している。
Mai Nakahira:Author and illustrator. Director of the Jungian Psychology Research Association. After graduating from Setsu Mode Seminar, she worked as an illustrator mainly for magazines, and made her debut as an author in December 2005 with "Sput and the Diary of Grandma Spoo of the Forest of the Dead"; in June 2007, "Sput's Diary 2: Monster in the Dark" was published, and in January 2008, "Sput's Diary In December 2010, he published "Nagusatobe: The Legend of the Ancient Queen of Kikoku"; in 2013, he released a revised and expanded edition. In November 2013, his illustrated children's story "Kaigara no Mori" was serialized in the Mainichi Newspaper (Osaka edition). In 2011, she started to produce a small picture book. Due to their popularity, they are now sold at various stores in Tokyo, including Art Rush (only when participating in exhibitions), Dorado Gallery, and Gyaruri Donguri, and in Wakayama, at Nagusa Farm and Patissier Myoraku, a jam studio. She is exploring the world of invisible spirits through her creations/studies of folklore/paintings.
小さな絵本 なかひらまいのアート作品『小さな絵本』シリーズはクリーマを参照してください。
波の地図 なかひらまい共著作品『波の地図』はnoteを参照してください。
貝がらの森 なかひらまい著『貝がらの森』はnoteを参照してください。
名草戸畔 なかひらまい著『名草戸畔〜古代紀国の女王伝説』についてはnoteを参照してください。
無料公開 なかひらまい の作品の無料公開はnoteを参照してください。
展覧会 展覧会の情報についてはFacebookを参照してください。

Movie






Contact

お問い合わせはメールにてお願い致します。

info@studiomog.ne.jp