名草戸畔
古代紀国の女王伝説

名草戸畔(なぐさとべ)〜古代紀国の女王伝説〜増補改訂版〜

なかひらまい 著
取材協力:小薮繁喜・小野田寛郎
写真協力:小野田麻里
装幀・装画:なかひらまい
スタジオ・エム・オー・ジー・刊
四六版ソフトカバー288ページ(初版本より32ページ増)
価格:1800円+税
ISBN978-4-905273-00-4 C0039 1800E

【お詫び】キンドル版は画像不具合のため販売をとりやめました。お詫び申し上げます。

この作品は、名草地方(現在の和歌山市と海南市)で語り継がれてきた古代の女王・名草戸畔(なぐさとべ)の伝承をもとに構成したものだ。名草戸畔(なぐさとべ)とは、紀国(現在の和歌山県)におよそ二千年前に実在したと思われる女性首長のことだ。『日本書紀』に、ひと言だけ、神武に殺されたと記されている。土地には、ナグサトベの遺体を、頭、胴体、足の三つに分断し、三つの神社に埋めたという伝説もある。多くの人は、名草戸畔(なぐさとべ)は神武あるいは神武軍によって、遺体を切断されたという。ところが、わたしが調べていくうちに、一般的に語られていることとは違う伝承を郷土史家・小薮繁喜氏と海南市の「宇賀部神社(おこべじんじゃ)」宮司家出身・小野田寛郎氏から採集した。

わたしは、この二人が見ている古代の風景を描いてみたいと考えた。二人が語る伝承は、この土地に暮らす人たちの間で語られてきた物語だ。したがって、本書は『日本書紀』にも『魏志倭人伝』にも書かれていない「民間伝承」が中心になっている。そうした民間伝承は、史実かどうかわからないので受け入れられないという人も多い。なかにはこの本を読んで、「伝承に都合のいい資料ばかりを用意したのではないか」といいだす人もいると思う。しかし、庶民の間でこのような物語が伝わってきたことも、また事実なのだ。

日本では、外国のネイティブ・アメリカンやアボリジニの伝承は文化として評価されるのに、自国の民間伝承や宮司家の「口伝」となると、眉唾扱いされてしまうことが多い。なぜなら日本は様々な文化を受け入れて近代化の道を歩んだため、古代の神話や伝承が原型を止めた形で残っているわけではないからだ。後世、土地の人たちや宮司家の妄想によって変形してしまった伝承もある。しかし、たとえ多少変形したとしても、伝承が根強く生き続けてきた背景には、それなりの理由があるはずだ。

小野田氏によると、小野田家はナグサトベの末裔であるという伝承が内々で伝えられてきたという。信じる・信じないは別にして、読者の皆さんには、今まで語られることがなかった先住民たちの物語を楽しんでもらいたい。そして、幼い頃からこの伝承を聞いて育ち、自分自身をナグサトベの子孫と信じてきた小薮氏と小野田氏の心に触れて欲しい。数千年前に生きたナグサトベを遠い祖先と感じる二人の心からは、人の営みが何千年もの積み重ねの上に成り立っていることを知ることができる。伝承は、すべて史実ではないかもしれないが、わたしたちの心にとって大切なものがたくさん含まれているのだ。

(文/なかひらまい))

名草戸畔 古代紀国の女王伝説 目次

第一章 謎の女王と里の伝承
プロローグ/旅のはじまり/物語を探せ/名草戸畔の基礎知識 /遺体を切断された名草戸畔/名草王國の盛衰 /名草の里へ/伝説の神社/名草山の奇跡/小薮繁喜氏と名草戸畔 /演劇「名草戸畔」/名草山と中言神社/「小薮台本」は伝承か、創作か?/名草戸畔は男か? 女か?/名草戸畔研究の限界

第二章 小野田寛郎氏が語る名草戸畔伝承
プロローグ/小野田寛郎氏と名草戸畔/神武東征のあらまし/小野田寛郎氏インタビュー/口伝に残された庶民の歴史/全国各地に残された口伝/小野田家と宇賀部神社の歴史/名草戸畔の足跡~そのはじまり/名草戸畔、木国から紀国へ/出雲族との融合/イタケルとの融合/神武軍との戦い/熊野へ進軍した神武軍とその後のヤタガラス ナガスネヒコの終焉と紀氏の台頭/『日本書紀』の成立と名草戸畔/名草戸畔の死と生/名草戸畔年表

第三章 名草戸畔としあわせの女王
プロローグ/「小野田口伝」の地を訪ねて/名草の山信仰/名草戸畔と楠信仰/名草戸畔と竜蛇信仰/名草戸畔と祖霊信仰/名草戸畔は生きている /名草戸畔 顛末記/名草戸畔伝承から見えてきたこと(32p/増補改訂版のみ収録)/付録1〜演劇『名草戸畔』台本(増補改訂版)/付録2〜紀氏関連の系図

宇賀部・杉尾・千種神社を訪れるには?

読者の皆様より宇賀部神社・杉尾神社・千種神社を訪問したいという方からのお問い合わせを数多くいただきます。最寄りの電車の駅などありませんのでレンタカーを借りるなどして訪れる方法が一番いいかと思います。 タクシーなども走っていませんので注意が必要です。下記URLに地図・訪れる際の注意事項などが書かれています。よくお読みになってご訪問ください。

宇賀部神社:http://www.wakayama-kanko.or.jp/marutabi/kikinotabi/map/n-ukabe.html
杉尾神社:http://www.wakayama-kanko.or.jp/marutabi/kikinotabi/map/n-sugio.html
千種神社:http://www.wakayama-jinjacho.or.jp/jdb/sys/user/GetWjtTbl.php?JinjyaNo=2008

この本の購入方法


この本は一般書店のお取り扱いはありません。アマゾンかSTUDIO M.O.G.ショップ、直販でお取り扱いのある書店をご利用ください。

1. アマゾンで購入

下記のアイコンをクリックしてください。アマゾンの購入サイトへジャンプします。

2. STUDIO M.O.G.ショップで購入

弊社が運営するショップサイトです。こちらで購入された方にはおまけのポストカードをお付けします。下記のURLをクリックすると、ショップのサイトへジャンプします。

STUDIO M.O.G. Shop:http://mogstore.thebase.in/

3.書店で購入

書店様へ 客注などお問合わせはメールにて受け付けます。お問合わせはこちらをクリック

<東京>
BOOK CLUB KAI(ブッククラブ回)
〒107-0062 港区南青山2-7-30 B1F
TEL:03-3403-6177

代官山・蔦屋書店
〒150-0033 東京都渋谷区猿楽町17-5
TEL:03-3770-2525

中野・まんだらけ「記憶×大予言」
〒164-0001 東京都中野区中野5-52-15-4F
Tel 03-3228-0007

<奈良>
フルコト
〒630-8286 奈良市東包永町61-2 2F
TEL:074-226-3755

<和歌山>
ジャム工房 なぐさファーム
〒641-0012 和歌山市紀三井寺712番地
TEL:090-5090-2025
「なぐさファーム」では、なかひらまいの「小さな絵本」ほか 『名草戸畔〜古代紀国の女王伝説』サイン本なども取り扱っています。

帯伊書店(おびいしょてん)
〒640-8024 和歌山市元寺町1丁目69
TEL:073-422-0441

宮脇書店 ロイネット和歌山店
〒640-8156 和歌山市七番町26-1
TEL:073-402-1472

福岡書店
〒642-0032 和歌山県海南市名高536-24 かいなんセンタープラザ 1F
TEL:073-483-4608

荒尾成文堂・アラオ岩出店
〒649-6233 和歌山県岩出市備前64-3
TEL:073-669-2260

荒尾成文堂・アラオ打田店
〒649-6414 和歌山県紀の川市打田1358
TEL:073-677-7424

Mai Nakahira

なかひら まい(作家・イラストレーター・画家・ユング心理学研究会役員)/1970年3月9日生まれ。セツ・モードセミナー卒業後、雑誌を中心にイラストレーターとして活躍。2005年12月『スプーと死者の森のおばあちゃんスプーの日記〜』で作家デビュー。2007年06月『スプーの日記2暗闇のモンスター』を、2008年01月『スプーの日記3地下鉄の精霊』を発表。2010年08月自身初の電子書籍作品『魔子ちゃんと七色に光る石』を発表。2010年12月古代史ドキュメンタリー『名草戸畔(なぐさとべ)古代紀国の女王伝説』を発表。古代史ファンの間で、高評価を得る。2013年には増補改訂版をリリース。和歌山にて小野田寛郎氏と講演会を開催。2011年、小さな絵本シリーズを開始。ギャラリーからの反響が大きく、実店舗での販売も開始。2013年11月、毎日新聞(大阪版)にて童話『貝がらの森』を連載。創作・ルポルタージュ・イラストレーションを通して日夜、独自の視点でモノノケの世界の本質を探求している。>>最新情報は、なかひらまいブログ「金の枝」に常時掲載してあります。:http://mainakahirasput.blogspot.jp

本のストアSTUDIO M.O.G. Shopはこちらです

Buy Now

アートのストアMAI NAKAHIRA Shopはこちらです

Buy Now